人気の留学先の国ってどこかな

人気の留学先と言えば、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドをイメージする人が多いでしょう。しかし、現在ではいわゆる英語圏ではない留学先が注目を浴びています。

中でも近年人気の渡航先は、フィリピンです。フィリピンは平洋に浮かぶ7107もの島々からなる国で、アジア特有の雰囲気の味わえる大都市や、美しく快適なビーチを有します。リゾートの印象が強いフィリピンですが、留学先として注目されている理由は、安価で英語が学べる環境だからです。

フィリピンで英語?と疑問に持つ人がいるでしょうが、この国では英語が公用語として使われています。もちろん、フィリピン人全員が英語をネイティブ並みに話すわけではありません。政府機関、病院などの専門機関や商業地では英語を問題なく使用できますが、地方に行くと英語が通じない場合もあります。

しかし、かつてアメリカに統治されていた時代があり、当時の教育制度の影響が 現在まで残っているため、幼少期から学校の授業でほとんどの授業が英語で実施されています。そのような背景から英語を流暢に話す人が多く、英語教師としての人材が豊富であったため、主にアジアからの留学生を誘致できるクオリティの語学学校が次々と建てられました。

物価の安いフィリピンに学校を作ることで低予算の留学が実現しているのです。また安価というだけでなく、授業スタイルに独自性があります。いわゆる英語圏の語学留学は、20~30人程度のグループレッスンが基本的な授業スタイルです。そのような環境の中、遠慮がちなな日本人は、積極的に発言しないことが多く見られます。

一方、フィリピンの授業大半が、日本人に人気のマンツーマンスタイルなのです。マンツーマンのレッスンにおける最大の魅力は、先生を独り占めできることです。どんなことでも質問でき、他の生徒がいないので、緊張感なくリラックスしてレッスンを受けられます。会話量は英語圏留学の100倍とも言われています。

フィリピンの語学学校でもグループレッスンは存在しますが、あくまでもマンツーマンレッスンが中心です。グループクラスはディスカッションの練習や、留学生同士のコミュニケーションをとる場として活用されています。近年では、様々な国が留学先の候補に挙がりますが、「アジアの温暖な気候が好き」で、「安価なマンツーマンレッスンを思う存分受けたい!」という人なら、フィリピンを選択肢に入れてみるのもいいかもしれません。

トレンドサイト

人気の留学先の国ってどこかな ALL RIGHTS RESERVED

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪